たろうまるの株主優待で億り人

~目指せ社畜からの脱出・セミリタイア生活へ~

書籍紹介

銘柄選択キチンとできていますか?

投稿日:2017年4月9日 更新日:

あなたは銘柄をキチンと選べていますか?

ドキッとした方、ご安心ください。

そんな方におススメの書籍があります。

それが・・・

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術です!!!

この本は、株初心者の方で一体どんな銘柄を購入すればいいのかわからない

そういった方にもおすすめです。



スポンサードリンク

さて、具体的な内容は本でじっくり読んで頂くとしまして笑

私が重要であると感じたポイントを3つご紹介したいと思います。

①消費者独占型企業を選ぶべし

消費者独占企業とは、強いブランド価値を持っているか。市場であたかも独占企業のような強いポジションを有している企業のことです。

簡単に言うと、オンリーワンの企業ということですね。

例えば、「コーラ」と聞いて思い浮かべる企業はどの企業でしょうか?

おそらく大半の方は、コカ・コーラを思い浮かべたのではないでしょうか。

つまり、コーラ=コカ・コーラという方程式が成り立つ商品やサービスを有している企業は強いということです。

また、市場を独占しているということは、価格決定権を有しているため、たくさんの収益を得ることができます。

そういった企業を選ぶべきだと本書では書かれています。

②株主資本利益率(ROE)が十分に高い企業を選ぶべし

ROEは株主資本が、企業の収益にどれだけつながったのか示す指標です。

つまり高いROEの企業というのは、既存の事業からだけでなく、株主の資金を使って行われる新規事業からも高い利益を生み出す能力があることを示しているからです。

③1株当たり利益(EPS)の動向を分析せよ

このEPSの動向を分析することによって、その企業の利益パターンを知ることができます。

そもそも株価というものは、

EPS×PER(株価収益率)で求めることができます。

つまり、PERが下がらないと仮定した場合、EPSが上昇すると株価も上昇するという理論です。

以上、簡単にまとめてみましたが、本書の影響を受けた私の銘柄選択術は・・・

株価は長期的にみるとファンダメンタルズに収束するため、

財務状況のいい企業を見つけだし、株価上昇前に買うべし!

です。

ただ、それが出来れば苦労しないんですけどね~。

言うは易く行うは難しってやつですね。

また、財務状況の分析に役立つ本のご紹介を以前の記事でしていますので、よろしければそちらも確認してみてくださいね。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術、オススメです!

※最後に投資は自己責任でお願いします。

では!

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


株主優待 ブログランキングへ

-書籍紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

松本紳助 感想

大好評、最近読んだおすすめ本シリーズの第12弾です。 最近は意識高い系の書籍が続きましたので、今回は肩の力を抜いてエンタメ系です。

生涯投資家 感想

大好評、最近読んだおすすめ本シリーズの第13弾です。 今回は「物言う株主」で有名な村上世彰氏の本です。

最近読んだおすすめ本8

大好評、最近読んだおすすめ本シリーズの第8弾です。 今回はホリエモンの本をご紹介したいと思います。

最近読んだおすすめ本

大好評のたろうまるおすすめ本シリーズです笑 私は通勤電車の中で本を読むことを日課としておりまして、ここ最近読んだ本でおすすめしたいものをご紹介したいと思います。

ユダヤ人大富豪の教え 感想

大好評、最近読んだおすすめ本シリーズの第14弾です。 今回の本は、セミリタイアを目指す人は必読です。

Sponsered Link

スポンサードリンク

アーカイブ

twitter