書籍紹介

ヘッテルとフエーテル 感想

投稿日:

こういうウィットに富んだタイトル、私は好きです。さらに、この本の副題は「本当に残酷なマネー版グリム童話」です。好奇心をくすぐりますね!

改めてご紹介します。

ヘッテルとフエーテル

~本当に残酷なマネー版グリム童話~

あらすじ

なぜ人は、すぐに信じてしまうのだろう?

不安なことが大嫌いで、いつも不安をなくそうと考えている妹・ヘッテル。
お金が大好きで、いつもお金をふやすことばかり考えている兄・フエーテル。

激動の時代を生きる2人を待ち受ける「末路」とは――。

お金、仕事、友人、自由、幸せ……とは?
騙しの罠、国家のウソ、経済・社会の構造を暴く衝撃の書!
豊富なイラストとともに、やさしく解説する。

ヘッテルとフエーテルて!

なんというネーミングセンスでしょう(笑)

目次

第1話 ヘッテルとフエーテル
第2話 カネヘルンの笛吹き
第3話 ピノキオ銀行
第4話 アホスギンちゃん
第5話 ヤンデレラ
第6話 ヘッテルと7人のODA・NPO
第7話 王様の金はロバの金
第8話 裸のフエーテル様

本書ではいろんな「騙し」の手口が描かれていて、いわゆる大人向けの童話になっています。

例えば「詐欺」、「自己啓発」、「ネズミ講」、「街頭募金」など、かなり身近なお金に関する話題が取り上げられています。

そこへさらに作者の風刺が上手く組み込まれており、読み手に恐怖笑いを提供してくれています。



スポンサードリンク

100%儲かる話など存在しない

各章ごとの終わりに

「グリーム婆さんの悪知恵袋」というのがあるのですが、

これがまた面白いので1つご紹介します。

「本当に100%儲かるなら、わざわざ赤の他人に教える人間などいない」

冷静に考えれば当たり前のことなんですよね。

でも、株取引きをしているとたまに、

「株価が100%上昇する銘柄教えます!」

なんていう謳い文句を見たことある方も多いのではないでしょうか。

こうした詐欺に引っかからない為にも、

ぜひ以下の「グリーム婆さんの悪知恵袋」だけでも覚えて帰ってくださいね!

私も胸に刻みました。

 

思わずクスリとした話

文章のあらゆるところに皮肉がこめられた文章がちりばめられているのですが、その中でも思わずクスリと笑ってしまったユーモアのある一文をご紹介します。

(笑)

 

おわりに

「自分の頭で考えて行動すること」の重要性がわかるとても良い本でした!

また、以外と知らなかった社会の仕組みも学ぶことのできる内容でもあります。

ページ数もそれほど多くないので、サクッと読めるものオススメするポイントです!

ちなみに、私が一番良かったなと思った話は、

第4話のアホスギンちゃんです。

というわけで、

ヘッテルとフエーテル

~本当に残酷なマネー版グリム童話~

オススメです!

では!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


株主優待 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-書籍紹介

執筆者:

Sponsered Link

スポンサードリンク

たろうまる愛用のレンタルサーバーはこちら!
充実のブログライフをあなたに!