たろうまるの株主優待で億り人

~目指せ社畜からの脱出・セミリタイア生活へ~

書籍紹介

戦略は1杯のコーヒーから学べ! 感想

投稿日:2017年12月17日 更新日:

スポンサードリンク

1日1杯以上コーヒーを飲む私としましては、とても気になるタイトルでした!

改めてご紹介します。

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!

あらすじ

ブラック金融会社を逃げ出した新町さくら。とあるきっかけでコーヒー会社・ドリームコーヒーに入社するが、彼女がはじめて知ったコーヒー業界は「ビジネス戦略」の宝庫だった!外資系のスタバ、異業種のセブン、マクドナルド、ドトールの価格競争、最大手ネスレのイノベーションなど超強力ライバルを相手に、さくらとドリームコーヒーはどう生き残るのか!?コーヒーから「最新ビジネス戦略」がすべてわかる!

本書では知っているようで実は知らないコーヒー業界の話が出てきます。

今回は私が一番印象に残った話をご紹介したいと思います。



スポンサードリンク

5度目の正直(セブンカフェ)

「セブンカフェは、2013年1月に登場してからわずか1年で4.5億杯、500億円も販売した大ヒット商品だ。しかも、新たに女性客を取り込み、リピート率も55%。サンドイッチや菓子パンと一緒に買う人も2割いるから、売上の相乗効果が見込める。セブン―イレブンにとって、セブンカフェは単なるコーヒー商品ではないのだ」
「セブンに行くと、ついついお菓子をよけいに買っちゃうんですよね〜」
「これだけを見ると、セブンカフェは順風満帆で成功したように見えるかもしれない。だが、セブンイレブンはすでに30年以上、店内でコーヒーを出すことにしつこく挑戦してきた。今回、5回目の挑戦でようやく念願がかなったのだ」
「え? 5回目? 30年以上前からやってたんですか?」
「そうだ。コーヒーブームに乗ってつい最近始めたわけではない」

 

セブンカフェが5回目の挑戦だったなんて、全然知りませんでした・・・

今思えばいつの間にか100円でコーヒーが飲めるようになっていたような気がしますね。

 

おわりに

色んなコーヒー会社の戦略が紹介されていますが、それぞれの会社で共通する核となる部分が存在します。

それは・・・

「自社らしさ」です。

自社の強みを徹底的にフォーカスすることが大事なのです!

そうしないと他社にすぐにマネされてしまい、差別化ができないですからね。

本書で一番言いたかったであろう、

「自社らしさとは何かを考え抜くことが大切である」

ということ。

これは自社→自分に置き換えることもできるのです。

自分自身をブランディングしていくこと

これはこれからの社会で生き残っていくためには必要不可欠になってきます。

私でいうと「たろうまるらしさ」ということになりますね。

自分自身を見つめ直すいいきっかけになりました。

というわけで、

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!

オススメです!

転職するなら!

全国3000万人の社畜・社畜予備軍の同胞に贈る渾身の記事となっております。

ぜひご覧ください!

【そうだ転職しよう!】おすすめ転職エージェント&転職サイトまとめ。

では!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


株主優待 ブログランキングへ

-書籍紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsered Link

スポンサードリンク

たろうまる愛用のレンタルサーバーはこちら!
充実のブログライフをあなたに!