書籍紹介

年末年始に読んだ本 感想

投稿日:

たろうまるが年末年始に読んだ本の備忘録です!

2018年もいよいよ始まりました!いかがお過ごしでしょうか。

私はと言いますと・・・

ええ、例年通りダラダラと過ごしております。

年を重ねるにつれて箱根駅伝って面白くなりますよね。

学生たちが必死のパッチで一生懸命に走っている姿って素晴らしいですね。

ゴロゴロと寝転がってテレビで見ているという得もいわれぬ背徳感がたまりません!

さて、そんな年末年始でしたが読書もしましたので、読んだ本の感想を備忘録として残しておきたいと思います。

では早速参ります!

 

アジアの隼

 

賄賂が横行する共産主義体制下のベトナム。巨大プロジェクトの入札をめぐり、邦銀事務所・真理戸潤(まりとじゅん)の前にアジア経済の裏を渡り歩いてきた大手米銀のシンや、急成長を続ける香港の証券会社ペレグリンが立ち塞がる。そのとき未曾有(みぞう)の闇が彼らを飲み込もうとしていた! 圧倒的リアリティで描く国際経済小説。

 

とにかくリアリティがすごい!!

読み終わるころにはフォーが食べたくなること間違いなしです(笑)

内容もとても重厚なストーリーで、人間の本来持っている生きるパワーというものを強く感じさせてくれます。

スマートさだけでなくドロドロとした人間臭さも味わうことができます。

さらに、発展途上国で働く苦悩も垣間見え、それがまたリアリティに拍車をかけています。

スマートにふるまってカッコつけている、そんなあなたにオススメです(笑)



スポンサードリンク

専業主婦は2億円損をする

 

“専業主婦”は、日本だけの絶滅危惧種!?働く女だけが、お金も恋愛も自由も手に入れる。独身も!既婚も!男性も!必読。

 

いつもの橘節がさく裂です。

「お金持ちとの結婚を夢見て婚活することは当たりのない宝くじ売り場に並ぶようなもの」という文章が登場しますが、

低収入の男の代表としては妙に納得すると共にちょっと安心しました(笑)

全ての女子にオススメしたい本となっています。

もちろん男子にもオススメ!

 

ずば抜けた結果の投資のプロだけがきづいていること「すごい会社」の見つけ方 

 

「R&Iファンド大賞」国内中小型株式部門において、2017年までの6年連続で「最優秀ファンド賞」「優秀ファンド賞」を受賞し、過去1年間のファンドの運用実績が年44.3%のプラスという驚異の成績を誇るファンドマネジャーの著者。「勝ち続けることは不可能に近い」といわれる株の世界で好成績を上げる陰には、年間900回以上も会社を面談するなど、徹底した企業調査で優良中堅企業を探り当てる眼力があった!投資の本質だけでなく、著者独自の「すごい会社の見つけ方」までが具体的にわかる、「投資で成功したい人」必読の書。

 

バリュー投資の王道といった感じですかね。

内容も100円ショップ・寿司ロボットなど、身近な実例がたくさん示されていてわかりやすかったです。

本書の大事なことを一言で表すとすれば

企業の実態や実力を見る場合には「その会社にしかない」データを拾い集めて分析することということですかね。

自身の投資方法を見つめ直すいいきっかけになりました。

投資初心者・中級者・上級者とどの層にもオススメできる本ですね!

以上、年末年始に読んだ本の感想でした!

では!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


株主優待 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-書籍紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Sponsered Link

スポンサードリンク

たろうまる愛用のレンタルサーバーはこちら!
充実のブログライフをあなたに!