たろうまるの株主優待で億り人

~目指せ社畜からの脱出・セミリタイア生活へ~

書籍紹介

しんがり~山一證券 最後の聖戦~ 感想

投稿日:2018年2月3日 更新日:

今回は、Amazonプライム会員が利用できる「Amazonプライムビデオ」という動画見放題のサービスで観た「しんがり~山一證券 最後の聖戦~」がとてもよかったのでご紹介したいと思います。仕事に対する情熱を失いかけたそんなあなたにオススメです!

ご紹介するのはこちら。

 

その昔、山一證券という証券会社があったことをご存知ですか?

 

山一證券とは?

1997年11月に自主廃業を発表し、当時四大証券と呼ばれた証券会社(野村證券・大和證券・日興證券・山一證券)の内の1つです。

法人関連業務に強く「法人の山一」と言われ、多くの日本の大企業の幹事証券会社でした。

私も山一證券という会社の名前は知っていたものの、自主廃業を発表した当時、私もまだ幼かったこともあり詳しいことはあまり知りませんでした。

社長が会見で「社員は悪くありませんから~」と言っていたのは何となく記憶にある程度です。

なので、このタイトルはとても興味深いものでした。



スポンサードリンク

あらすじ

1997年4月。山一證券の常務取締役・梶井(江口洋介)は、業務監理本部(ギョウカン)本部長に就任する。
ギョウカンは、社内監査を行なう部署だが、本社から離れたビルに居を構え、左遷社員が追いやられる“場末”と呼ばれていた。
そんな梶井の異動初日に、大蔵省証券取引等監視委員会(SESC)の調査が入るという事件が起きる。
当時金融業界は、総会屋への利益供与問題で大きく揺れていた。
梶井は、営業考査部部長・花瀬(佐藤B作)やその部下・中西(矢島健一)、秘書の蒲生(真飛聖)に社内調査を指示。
そんな中、監査部の瀧本(萩原聖人)と吉岡(林遣都)は、渦中の総会屋との関係を示す資料を見つけてしまう。
一方、会長の有原(岸部一徳)らはSESCの調査に対し余裕の表情を見せるが、副社長の片瀬(光石研)だけは不安な表情を浮かべていた。
梶井や同期の林(勝村政信)もまた、上層部が何かを隠しているのではないかという疑念を抱く。

 

自主廃業を発表し、役員までもが沈没船から逃げ出す中、最後まで会社に踏みとどまり、真相究明と顧客への清算業務を続けた社員たちが描かれています。

 

感想

正義感あふれる主人公・江口洋介さんがとにかく熱くてカッコいい!

こんな上司がいたら仕事も充実するのだろうな~

また、ストーリーも全6話とそれほど多くないのでサクッと観ることができるのもいいですね!

そして、主人公の脇をかためる役者達も重厚なメンバーで見ごたえ十分です!

そんな中、私が特に印象に残ったのは第3話で副社長が若手社員の面接時に言った、この一言でした。

 

「証券マンは夢を売る仕事だ」

 

くぅ~しびれる!!いい言葉ですね!

証券業界に興味のなかった若手社員もこの言葉に惚れ込み入社を決めます。

しかし、副社長が逮捕される前に若手社員からその言葉を覚えているかと問われたとき、副社長が放った衝撃の一言!

 

「悪いな、覚えていない」

 

ええ~!

ただ、本当に副社長が覚えていなかったのかは定かではありませんが、なかなかショッキングで衝撃的なシーンでした。

こうした何気ないワンシーンではありますが、こうした1つ1つのやりとりが作品に深みを与えてくれていますね。

また、主人公と前会長との最後の対話シーンにて前会長が発したこの言葉。

 

「私は山一を愛していた。その想いは誰にも負けない。
 ・・・この国の経済のため四大証券の一角を失うことは何が合っても避けなければならなかったんだ」

 

前会長は確かに山一證券が破綻した原因の1人です。

しかし、会社を愛する気持ちは主人公も前会長も同じです。

歩んだ方向は違えどこうした同じ思いを抱いた2人の対話を終え、主人公が頭を下げて元会長を見送るシーンは何ともいえぬ余韻が残るものでした。

どのようにして、山一證券が破綻したのか。

その全容がはっきりとわかるオススメのドラマとなっています。

なぜ、山一證券が破綻したのか知りたい方はぜひご覧ください。

ちなみに、原作は「しんがり 山一證券最後の12人」です。

 

今回、私が利用したAmazonプライムビデオというサービスはAmazonプライム会員になると利用できます。

Amazonプライム会員は正直メリットまみれなので、まだの方はぜひ登録してみてくださいね!

年間3900円(税込)で利用することができますよ!

Amazonプライム会員登録はこちら

「しんがり~山一證券 最後の聖戦~」オススメです!

転職するなら!

全国3000万人の社畜・社畜予備軍の同胞に贈る渾身の記事となっております。

ぜひご覧ください!

【厳選】転職の悩みを相談するなら?おすすめの転職エージェント3選

では!

【ランキング参加中です!】

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


株主優待 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-書籍紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsered Link

スポンサードリンク

たろうまる愛用のレンタルサーバーはこちら!
充実のブログライフをあなたに!