たろうまるの株主優待で億り人

~目指せ社畜からの脱出・セミリタイア生活へ~

株日記

【高配当】2914JT(日本たばこ産業)の今後の展望を考察!

投稿日:2018年3月2日 更新日:

スポンサードリンク

高配当銘柄で有名なJT(日本たばこ産業)ですが、最近の株価下落を受けて配当利回りがかなり高くなってきました。

さらに、現在JTは年2回の株主優待を実施しており、高配当&株主優待という最強コンボとなっています。

しかし、これほどまでに美味しい銘柄なのに、株価は下落の一途をたどっています。

なぜ、株価は下落しているのか?

ということで、株価が下落している理由とJTの今後の展望を考察してみましたよ!

2194JT(日本たばこ産業)

JT(日本たばこ産業)は日本のたばこ、並びに医薬品、食品・飲料の製造・販売会社です。

日本たばこ産業株式会社法(JT法)に基づき財務省所管の特殊会社として、1985年(昭和60年)4月1日に設立されました。

 

指標

2194JT(日本たばこ産業)

・終値:2,986円

・予想PER:15.16倍

・実績PBR:1.94倍

・予想配当利回り:5.02%

配当利回り5%超えはかなり魅力的ですね。

 

株主優待

株主優待は年2回(6月・12月)、自社商品(食料品等)が頂けます。

・100株以上:1000円相当

・200株以上:2000円相当

・1000株以上:3000円相当

・200株以上:6000円相当



スポンサードリンク

なぜ、株価は下落しているのか?

はっきり言ってよくわかりません。

下落が下落を呼んでいる状況でしょうかね。

正直「たばこ」というと、喫煙者数が減少し、衰退産業のようなイメージがあります。

さらに、最近の喫煙規制やたばこ増税など、あまりいいニュースはないですよね。

こうしたイメージが強いため、個人投資家などは手が出しにくいのかな~と考えます。

さらに、JTの社運を賭けているといっても過言ではない「加熱式たばこ」ですが、完全に海外メーカーに遅れを取っています。

もう、加熱式たばこ=フィリップ・モリスの「iQOS(アイコス)」

というイメージが一般大衆に定着しつつあります。

JTはこれから海外で売上を伸ばしていかないといけないのに、この出遅れはかなり痛いです。

こうしたスピード感の無さも、投資家の失望売りを招いているのかもしれませんね。

ちなみに、先日発表された決算の数字もあまりよくないです。

こうした色んな要因が絡み合った結果、株価が下落しているのかもしれませんね。

 

今後の展望

本日とうとう株価が3000円の壁を突破してしまいました。

ただ、これだけ高い配当利回りと年2回の株主優待がありますので、株価下落は限定的なものになると思います。

こうして話題になることで、私のようにこれまでJTに興味を持っていなかった層(優待族)が注目し始めるはずです。

優待族は一度その銘柄を購入すると、基本的にそのまま放置プレイです。

なので、配当と優待を狙う欲張り優待族たちの買いが入れば、株価も自ずと上昇していくことでしょう。

そして、私が考えるJTがこれから売上上昇(=株価上昇)の為に欠かせないと思う事は

・海外事業のシェア拡大

・加熱式タバコのイメージ向上

・医薬、加工食品事業の成長

の3つです!

海外事業のシェア拡大

先進国では喫煙者が減少していますが、

新興国では所得水準が上昇するに連れて、たばこの需要が増える傾向

にあります。

売上を伸ばすためには、新興国のマーケットを確実につかむ必要があります。

 

加熱式たばこのイメージ向上

加熱式たばこという言葉は聞いたことはあるけれど、私のようにたばこを吸わない人はどういったものなのか知らないといった人は多いと思います。

私もこの記事を書くまで、加熱式たばこがどういったものなのかよく知りませんでした。

加熱式たばこは、電気でたばこの葉を加熱し、その成分を吸うものです。

煙をほぼ発生させず、主成分であるニコチンを摂取することができます。

つまり、煙が出ないので、本人や周囲に対する有害物質を出さないというメリットがあるのです。

さらに、研究によると、たばこに含まれる有害物質の9割を削減できるということです。

こうしたメリットを周知させることで、加熱式たばこなら吸ってみようかな~というユーザーを生み出す必要があると考えます。

 

医薬品、加工食品事業の成長

たばこの他に柱となる事業が必要不可欠です。

たばこ事業の成長を支えるためにも医薬品と加工食品事業の成長は必須であると考えます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

JTノンホルダーの私がJTについてあれこれと考察しましたが、その中でひとつ感じたことがあります。

それは、たばこ産業はどうしても成熟した産業で成長が見込めないものだと思っていました。

しかし、こうして調べてみるとまだまだ成長性を秘めた産業であると感じました。

 

そうなんです。

たばこは社畜達の相棒であり、癒しの存在でもあるのです。

私はたばこを吸いませんが、たばこを吸っている時の同僚社畜のあの幸せそうな顔を見ると、たばこは今後もまだまだ売れ続けるのだろうなと思います。

ということで、今後のJTに要注目です!

では、最後に本日のビットコイン資産チェッ~ク!!

 

現時点での総資産・・・約81,476円です。

(入金額:15,000円)

↓↓↓口座開設はコチラからどうぞ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

じわじわと上がってきていますね。

 

転職するなら!

全国3000万人の社畜・社畜予備軍の同胞に贈る渾身の記事となっております。

ぜひご覧ください!

【そうだ転職しよう!】おすすめ転職エージェント&転職サイトまとめ。

では!

【ランキング参加中です!】

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


株主優待 ブログランキングへ

-株日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsered Link

スポンサードリンク

たろうまる愛用のレンタルサーバーはこちら!
充実のブログライフをあなたに!