たろうまるの株主優待で億り人

~目指せ社畜からの脱出・セミリタイア生活へ~

書籍紹介 株日記

【書評】テンプルトン卿の流儀 感想

投稿日:

スポンサードリンク

今回ご紹介するのは、伝説的なファンドマネジャーのジョン・テンプルトン卿についての書籍です。

この書籍では、テンプルトン卿のアプローチ方法を知ることが出来ますよ。

また、「悲観の極み」で投資するという最も有名な原則について詳しく述べられています。

テンプルトン卿が「悲観の極み」の時点をとらえ、成功につなげるために生涯を通じて用いてきたテクニックなんかも解説されていますよ。

割安株、バリュー投資、中・長期投資、これらの言葉に興味のある人は必見の内容となっています。

あらすじ

マネー誌が「20世紀最高のストックピッカー(銘柄選択者)」と称えた伝説的なファンドマネジャーのジョン・テンプルトン卿は、世界一流のバリュー投資家として尊敬され、グローバル投資を創始し、50年にわたって市場平均をアウトパフォームしたことで広く知られている。時代を超えたテンプルトン卿の原則と方法が、この本書によって初めて一般に紹介される。本書では、テンプルトン卿の実証済みの投資選択を貫く方法を概観したあと、最高の成績を上げたその歴史的事例を紹介するとともに、今日の投資家がテンプルトン卿の勝利につながるアプローチを自分のポートフォリオに取り入れる方法を説明する。そして、「悲観の極み」で投資するという最も有名な原則を詳しく述べたうえで、テンプルトン卿が「悲観の極み」の時点をとらえて成功につなげるために生涯を通じて用いてきたテクニックを解説する。

 

「悲観の極み」

なんだかゾクゾクっとする言葉ですね。



スポンサードリンク

感想

この言葉で本の内容がわかると思います。

その言葉とは、

「強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑のなかで育ち、楽観とともに成熟し、陶酔のなかで消えていくゆく。

悲劇の極みは最高の買い時であり、楽観の極みは最高の売り時である。」

というものです。

他の投資家と同じような行動をしていては、いつまでたっても凡人のままなんだなと思いました。

「悲観の極み」の時点で行動を起こさないといけないわけです。

わかっちゃいるんです。

他の人と逆の事をすればいいと頭ではわかっているのですが、実際にはなかなか行動できないですよね。

「悲観の極み」を見極められるように正確な判断力を養っていきたいなと思いましたね。

以下は私がこれは大事だ!と思ったことを備忘録も兼ねて箇条書きにしました。

・他の投資家が悪材料に過剰反応しているときに冷静さを保つ方法を身につけよ!

・感情的になった投資家が投げ売りする株を買い、必死に買おうとする株を売れ!

・株式のバーゲンハンターになれ!

投資だけでなく、日常生活においてもバーゲンハンターになりたいと思います。

というわけで、「テンプルトン卿の流儀」オススメです!

 

ちなみに、「テンプルトン卿の流儀」は期間限定ですが「Prime Reading」で無料で読むことができます。

今回、私が利用した「Prime Reading」というKindle本が読み放題というサービスはAmazonプライム会員になると利用できます。

Amazonプライム会員は正直メリットまみれなので、まだの方はぜひ登録してみてくださいね!

年間3900円(税込)で利用することができますよ!

Amazonプライム会員登録はこちら

「テンプルトン卿の流儀」オススメです!

 

おまけ

最近のたろうまる。

私がトイレで仕事をサボっているのではないかと思ったのでしょうかね。

そうだとしたら心外ですね。

私はもっと上手く仕事をサボっていますからね!

そんなわかりやすいサボりはしていませんよ(笑)

仕事中も如何に仕事をサボるかを常に考えていますからね!

仕事が嫌いだとかそういった低次元な考えではないですよ。

サボること考えていると、そこから何かイノベーションが生まれてくるかもしれませんからね~

私は会社のためを思って仕事をサボっていますからね(笑)

 

転職するなら!

全国3000万人の社畜・社畜予備軍の同胞に贈る渾身の記事となっております。

ぜひご覧ください!

【そうだ転職しよう!】おすすめ転職エージェント&転職サイトまとめ。

では!

【ランキング参加中です!】

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


株主優待 ブログランキングへ

-書籍紹介, 株日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsered Link

スポンサードリンク

たろうまる愛用のレンタルサーバーはこちら!
充実のブログライフをあなたに!