たろうまるの株主優待で億り人

~目指せ社畜からの脱出・セミリタイア生活へ~

書籍紹介

【書評】白昼の死角 感想

投稿日:

スポンサードリンク

今回ご紹介するのは、戦後に実在した詐欺師をモデルとしたお話しです。

タイトルにもあるように法律の死角をついた詐欺を行っていくのですが、想像を絶するストーリーとなっています。

ジャンルとしては経済小説ですね。

あらすじ

明晰な頭脳にものをいわせ、巧みに法の網の目をくぐる。ありとあらゆる手口で完全犯罪を繰り返す“天才的知能犯”鶴岡七郎。最後まで警察の追及をかわしきった“神の如き”犯罪者の視点から、その悪行の数々を冷徹に描く。日本の推理文壇において、ひと際、異彩を放つ悪党小説。主人公のモデルとなった人物を語った秘話を収録。

 

言葉使いなどに古さを感じるところも所々あるのですが、それがまた味があっていいんですよ~

さて、それでは本書の感想です。



スポンサードリンク

感想

人間の持つエネルギーってスゴイですね。

このエネルギー・勢いがあったからこそ、戦後から復興した今の日本があるのでしょうね。

今の日本はちょっとエネルギー不足かな?

話を読み進めるにつれて、ちょっとタイムスリップしたような感覚になります。

そして、法治国家である日本でこうした法律の盲点をつくというところは面白いですね。

さらに、完璧に思えた詐欺の流れがある時を境に一気に変わっていく様は、とてもドキドキしますよ。

まだ読まれていないのであればこの機会に是非どうぞ!

 

ちなみに、「白昼の死角」は期間限定ですが「Prime Reading」で無料で読むことができます。

今回、私が利用した「Prime Reading」というKindle本が読み放題というサービスはAmazonプライム会員になると利用できます。

Amazonプライム会員は正直メリットまみれなので、まだの方はぜひ登録してみてくださいね!

年間3900円(税込)で利用することができますよ!

Amazonプライム会員登録はこちら

 

「白昼の死角」オススメです!

 

転職するなら!

全国3000万人の社畜・社畜予備軍の同胞に贈る渾身の記事となっております。

ぜひご覧ください!

【そうだ転職しよう!】おすすめ転職エージェント&転職サイトまとめ。

では!

【ランキング参加中です!】

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


株主優待 ブログランキングへ

-書籍紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsered Link

スポンサードリンク

たろうまる愛用のレンタルサーバーはこちら!
充実のブログライフをあなたに!